仙台七夕を知る

特徴

豪華絢爛な笹飾り

仙台七夕まつりの特徴といえば、やはり毎年新に手作りされる豪華絢爛な笹飾りです。 祭り前の8月4日早朝、各商店街では長さ10メートル以上の巨大な竹を山から切り出し、小枝をはらい、飾りつけの準備を行います。

飾りは各個店の皆さんが数カ月前から手作りで準備し、一本の価格は数十万~数百万円もするといわれています。 吹流し5本1セットで飾るのが仙台七夕の習わしとなっています。

飾りの内容は当日まで企業秘密となっており、8月6日の朝8時頃から飾り付けが行われ、その豪華さを競い合います。 各商店街毎に飾り付け審査が行われ、8月6日午後には金、銀、銅の各賞が発表されます(飾りの根本に金、銀、銅の各賞のプレートがつけられます)。

晴天のもと幾重にも重なり風にたなびく繊細な和紙飾り。その姿はまさに絶景といえるでしょう。 ただし、七夕の敵は雨。一旦、雨が降り出すともうそこは戦場。各個店の方が折角の飾りを濡らすまいと大慌てでビニール袋に飾りをしまいます。 祭り期間中、大勢の人で賑わうのは、やはり中心部の中央、東一番丁、駅前の各通り。 しかし、周辺部のあまり豪華さは目立たないものの、昔なつかしい素朴な七夕飾りもなかなか乙なものですよ!

七つ飾り

仙台七夕まつりに欠かせないのが、七つ飾りといわれる小物たち。商売繁盛、無病息災など様々な願いを込めて、仙台では七つ飾りが飾られています。どこに飾られているのか、探してみてください。

  • 短冊たんざく… 学問や書道の上達
  • 紙衣かみごろも… 病気や災難の厄除け、裁縫の上達
  • 折鶴おりづる… 家内安全と健康長寿
  • 巾着きんちゃく… 商売繁盛
  • 投網とあみ… 豊漁・豊作
  • 屑篭くずかご… 清潔と倹約
  • 吹き流し… 織姫の織糸

仙台七夕まつりを知る

PageTop

仙台七夕まつり協賛会(事務局:仙台商工会議所)

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2-16-12 Tel. 022-265-8185

このサイトを共有

SNSに投稿して簡単に共有ができます。